白い雪

北九州は、朝から雪がちらほら降っています。
寒さがまた厳しくなって辛いですが、雪を見ると、なんだか少し踊るような気持ちにもなります。
雪は真っ白で綺麗だからですね。

どうして雪は白いのでしょう?

それはですね、太陽などの可視光線は様々な波長を持っていて、人間の目はその波長を「色」で認識します。
人間の目に映る色は、光が物に当たった時、反射・吸収した光の波長によって決まりまるそうです。
そして太陽からのすべての可視光を反射すると、ものは白に見えるんだそうです。

雪や雲やかき氷が、白く見えるのはそのような理由があるということです。
調べてみました(笑)

さて、ここ数日は海が時化で魚介類の入荷が少なめですが、「フグ」は毎日入荷しています。
大皿でフグをひく場合が多いですが、1人前ずつお作りすることも出来ます。
当店は陶器の銘銘皿もご用意しています。
20160216-p2163425.jpg







Category: 総合
コメントを書く