心温まる話

アメリカのファストフード店での話。
アイスクリームを買うのに2ドル足りなかった少年に、男性店員が、自分のクレジットカードで2ドル支払ってあげたそうです。
この後、男性店員には幸運なことがあったそうですが、その時は純粋に少年の気持ちを汲み取ってあげただけなんでしょうね。

実は、私も同じような経験をしたことがあります。
高校生の時、部活帰りにバスを降りてから、パン屋さんの前を通って自宅まで歩いて12~13分ぐらいなのですが、その日はお腹ペコペコで「パンを買って帰ろう!!」とお店に入りました。

レジでお代を払おうとしたら、財布がないことに気が付き(定期券とお弁当を持っていたので財布を忘れていたことにも気付かず)、諦めようとしたら、レジのお姉さんが「お腹ペコペコだもんね。お金は今度持ってきてくれたらいいよ!」とパンを手渡してくれました。

私は、顔見知りでもないのにそのような優しい声を掛けてくれた驚きと嬉しさとで、閉店になる前にと、家に着いたら走ってすぐにお金を持って行きました。

するとお姉さんは、「今日でなくても良かったのに!」と言いながら、「もう閉店だし残ったからどうぞ♪」とさらにパンをたくさん袋に入れて持たしてくれたのです。

このお姉さんのことは、何年経っても思い出します。
一瞬のふれあいが、一生心に響きます・・・


昨日の鉢盛りです。
20150605-p6041863.jpg
サザエ・ウニ・ハモ・クジラベーコン・ヒラマサ・タイ・本マグロ中トロ・炙りサーモン・イサキの昆布ジメ・ヤリイカ・海ぶどう

20150605-p6041865.jpg
アマダイのフライと自家製ピクルス


Category: 総合
コメントを書く