オイカワデニム

宮城県気仙沼市の「オイカワデニム」。
東日本大震災では倉庫にあったジーンズが津波に流され、数十キロ離れたところで見つかったジーンズは泥まみれでしたが、1カ所のほつれもなかったそうで「奇跡のジーンズ」と呼ばれています。

ジーンズはもともと作業服として生まれたものだから、地元の漁師さんも着ていらっしゃるそうですよ。
格安のジーンズと比べて高価ですが、一生ものジーンズ になりそうです。

気仙沼は「メカジキ」の漁獲量が多く、漁師さんたちは長い角を捨てていましたが、何か活用出来ないかと試行錯誤の末、角を粉末化して繊維に織り込んだジーンズまで作られたそうです。丈夫そうですね!

オーダーメイドもされていて、ダルビッシュやイチロー選手もオーダーされるそうです。
彼らの筋肉は特別な付き方をしているので既製品では合わないでしょうね。

「いい品物」を守って作り続けていらっしゃる「オイカワデニム」さん。


Category: 総合
コメントを書く